ハンタン山(首里城内)のアカギの大木

Comment(0)trackback(0)

戦前より戦後を通して今なお青々と大きな枝木を

広げている。




「沖縄の復興のシンボルのアカギの大木」

去る沖縄の大戦において完膚なきまでに打ちのめされた沖縄。

終戦直後は、沖縄県民にとって何もない正にゼロ0から

のスタートであった。

 戦火に焼かれ、枯れ木となり、かろうじて残されたアカギの大木。

その姿は当時の沖縄県民そのものであった。

しばらくしてその枯れ木にアコウの木が寄生し、

 わずかながら緑をつけ少しずつ息を吹き返していった。

それらは全てを失った沖縄県民の心を大いに勇気づけ、

心の支えとなっていった。

 やがてそのアカギの大木は、沖縄県民らと歩調を合わせる様に

少しずつ再生(復興)していき現在のどっしりした太い幹に 青々と多くの枝を広げた現在の大木に至る。

戦後まもない枯れ木のアカギの大木。

県立芸大から守礼の門へのコーナー(表札あり)

 

 

「店舗」

「案内図」

↓レール支柱565が目印。

駐車場3台。店舗すぐ横。

■住所--------------------

那覇市首里汀良町2丁目

23番地、儀間アパート

1階(オフィスプラザ隣)

地図はこちら

■営業時間----------------

平日9:00~18:30

■定休日------------------

日曜日

代表者:山内 沢也      宅地建物取引主任士    賃貸経営管理士

店長:小橋川 勝    宅地建物取引主任士

 

 ↓賃貸検索

うちなーらいふ

グーホーム

 

店長の小橋川です。日々工夫しながら、更新しております。/
新着物件・更新致しました。\(^v^)/

(首里駅徒歩3分。)

(儀保駅徒歩4分。)

幸運を呼ぶ(^_^)

金のシーサーがお出迎え。