真嘉比道(まかんみち)の逆立ち幽霊

Comment(0)trackback(0)

現在の那覇市立病院から安里に抜ける まかんみちに昔、
逆立ち幽霊がでました。
まかん道とは現在も残る地名、那覇市真嘉比、真嘉比の道(まかびのみち)
という意味。
現在は道路が拡張され左手にファミリーマート、奥にすき家の看板が
見えます。
下は約30年ほど前のまだ寂しかった細い道の様子。
奥に続く曲がりくねった道筋が現在も面影を残してます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あらすじ」


昔仲の良い夫婦がいました。しかし夫は病気がちでいつも寝込んでました。

それを首里でも指折りの美人で、すこぶる気立ての良い妻がいつも夫を支えておりました。

ある日、病床の夫が 「自分が病気なので、おまえ(妻)が誰かに取られないかいつも心配だ」 と言いました。

妻は 「私はその様な軽い女ではありません。信じて下さい。」 と言いましたが、夫は信用しません。

それならばと妻は自ら自分の鼻をそぎ落とし夫に終身仕える事を誓いました。

 

やがて妻の献身的な看病のもと夫の病気は完治しました。

すると元気になった夫はなんと醜くなった妻を捨て他の女に走りました。

やがて夫に裏切られた妻は嫉妬のあまり体調を崩し死んでしまいました。

そしてその後、妻は幽霊となって二人の前に現れました。

悩まされた夫は幽霊が現れない様に死んだ妻の棺桶を開けて

両足を釘で棺桶の底に打ち付けました。

すると両足の自由を奪われた妻の幽霊は、今度は逆立ちして現れるようになりました。

恐れおののいた夫は家じゅうに魔よけの札を張り付けました。

家に近寄れず恨みをはらせぬ妻は、逆立ち幽霊となって夜な夜な真嘉比の道に現れ人々を驚かせたといいます。

 

その後、勇敢な武士が幽霊と遭遇しました。

最初驚いた武士でしたが(↑上記絵)逆立ち幽霊からその夫のひどい仕打ちを聞かされ、幽霊を哀れに思ったその武士はその夫の家に行き魔よけの札を全て取り外しました。おかげで家に入る事が叶った逆立ち幽霊は夫を呪い殺したといいます。

 

その後一度だけ逆立ち幽霊は現れました。助けてくれた勇敢な武士の前に現れその武士に三匹の鯉を飼うようにと告げました。やがてその三匹の鯉は後世まで武士やその家族に幸運をもたらしたといいます。

※今は成仏して幽霊は出ませんので ご安心下さい。

 

 

 
 

店舗外観

■住所--------------------

那覇市首里石嶺2丁目

193-15

地図はこちら

■営業時間----------------

平日9:00~18:30

■定休日------------------

日曜日

お問合わせ--------------

TEL:098-885-8589

FAX:098-885-8591

代表者:山内

店長:小橋川

店長の小橋川です。日々工夫しながら、更新しております。/
新着物件・更新致しました。\(^v^)/